2014年8月

Total.
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 5
  • 5
  • 7
Today.
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 1
Yesterday.
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

【2014年8月28日】 目標達成しました!

具体的な数値の提示などはアドセンスの規約違反になるそうなので
詳しくは言えないですが、月の携帯利用料金が払えるくらいの結果です。
一月で!

この調子を続けていては駄目だと思うので、さらなるステップアップを続けて行きます!
このサイトがもうちょっとアクセス増えてくれると主力になってくれるんですけどね^^;

がんばります!

【2014年8月18日】 色々ありすぎて…

前回の日記で、スマートプライシングに引っかかったと言いましたが、後日には解除されていました。
ですが、問題はここからで、現在もこの問題を抱えています。

それはtwitterが利用制限に引っかかってるという問題です。 唐突過ぎて何のことかよくわからないと思いますが、順を追って説明すると、

自分の運営するニュースブログがアドセンスのメインの収益になっていたわけなんです。
そのニュースブログを支援していたのがtwitterで、その宣伝力は馬鹿にならないものでした。
現にアドセンスの収入も、まさにtwitterのおかげであるといえるぐらいの、
そりゃあもう最大の武器だったわけです。

ですが、そのtwitterが突如として無力化されてしまいました。
自分のツイートがリアルタイム検索に全く表示されなくなってしまったのです。

原因が全く判らないまま、twitterに問い合わせてみても、全く返事がありません。
なので、現在も自分のツイートは全く表示されない状況です。

【twitter リアルタイム検索 反映されない】でググると解決策のページが出てきますが
そもそもが運営側に連絡しても、無視されている状況です。

twitter運営ってここまでいいかげんなのかと呆れました。
ちなみにちょうどお盆だったので、もしかすると夏休みのタイミングだったのかなぁ
とも思いましたが、それにしたって、その旨を書くべきですよね
2,3日で対応しますって・・・もう1週間になるっての!

ということで完全に宣伝力を失ったわけですが、
ここでfacebookが役に立ちます!

facebookでも宣伝するとリアルタイム検索に表示されます。
もっとも、twitterに比べると、集客力はなく(なぜか)
あまり役立ってはいない気がします。

一番なのはtwitterが復活することなのですが
今のところその気配はまったくないです。。

今後も経過を報告したいと思います。

【2014年8月7日】 スマートプライシングに引っかかってしまった。

本当にショックです。。。
Googleアドセンスを始めて早2ヶ月…今月に入りようやくコツをつかみ、
そこそこ稼げるようになった矢先…スマートプライシングという奴にひっかかってしまいました。。

どういうことかというとクリック単価が暴落しました・・・(((( ;゚д゚)))
昨日まで1クリック20~30円(これも低い)だったのが、今朝9円にまで落ち込んでしまい…
これでは例えクリックされても小銭にしかならない感じです。

ではなぜ、そういった事態になったのか。
スマートプライシングとはなんぞや?ってところなんですが
僕も知らなかったので調べました。

簡単に言うと広告を配信している企業さんがいて、その広告を僕らがサイトで表示するわけですよね?
で、企業からしてみたら僕らのサイトで自分たちの広告がクリックされることが、まずスタートなわけです。
広告を張る側にとってみては、「クリックされること」がゴールに思えますが、
企業にとってはその先こそが重要で、せっかく来て貰ったお客にはなんらかのアクションを起こして欲しいわけです。

商品を購入したり、サービスの契約をしてもらったり、企業によって様々でしょうが、
とにかく来て頂いた以上なにかしてもらわないと広告費を払う意味がないんですよ。

つまりどういうこと?

ずばり言うと「あなたのサイトは価値を生まない客ばかりクリックしてきて広告費が無駄になる」ってことで
グーグル先生が価値のないサイトにスマートプライシングという刑罰を科すわけです。
スマートプライシングに引っかかるとクリック単価は地に落ちます、、

ん?なんで買わないだけで価値がないお客って決め付けるの?
また今度買うかもしれないじゃないか!

おっしゃるとおり!勝手に決め付けてひどいよね。
でもね、ちゃんと理屈があるんです。
たとえばA店の入り口の自動ドアを開け一歩入った瞬間に出て行ったら
それって買う意思なんてこれっぽっちも無いと思いません?

そう。つまりサイト上でそれが起きてるわけです。
広告をクリック→とんだ先のサイトからすぐに離脱
こんなんじゃ興味ないと取られても致し方ないです。

じゃあ、なんで興味ない広告をクリックしたのか?
・広告自体に興味があったが、とんだ先に興味がなかった。
・誤クリック・・・うっかり押しちゃった

思うに後者が圧倒的だと思います。
特にスマホサイトではよくありそうです。
考えたくはないけど、これが現実っぽいです。


じゃあどうすれば許してもらえるの?

今日の今日ではまだ判らないですが…一般的に言われてるのは
価値をあげること。
広告をクリックして飛んだ先で、長い時間留まってもらえる
そこが重要らしいです。
つまるところ、誤クリックを減らせば回復は見込めるということです。
まだわからないけど。

誤クリックさせない工夫をしなきゃだなぁ・・

最新日記

2014年10月日記

2014年09月日記

2014年08月日記